ここをクリックしてTwitterもフォローしてね!

国際結婚でオーストラリアに住んで辛い3つのこと(喧嘩/お一人様/ビザ)

海外生活, 国際結婚, 辛い
URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、おり(@orinote1)です。

異国に住んでいるとどれだけその国が好きだとしても、少なからず嫌なことはありますよね。

おり

今回はその中でも私が国際結婚を機にオーストラリア(シドニー)にきて辛いな〜と感じていることを振り返ってみました(笑)

きっと今辛いことのいくつかは、今の私だから辛いのであって数年後にはなくなっているはず(と信じたい)ですが、等身大の思いとして記録に残しておこうと思います。

目次

国際恋愛(同棲)/国際結婚で海外に住んで辛いこと①喧嘩

喧嘩をした時に逃げ場がない

一番日本に帰りたいと思うのが夫と喧嘩をしたとき。

小さいケンカならすぐ謝って終わるけど、たまに大きめの喧嘩をしてしばらく口を聞きたくなくなることがあります。

そんなとき…

「くそ〜日本だったら家飛び出してカフェに行けるのに」

「実家に帰りたい…」

「イライラがおさまらないから散歩したいけど夜道を女1人で歩けないな…」

つまり

私にはこの国に逃げ場がない

っていう思考になるんですよね。

ケンカしてる原因よりも逃げ場という選択肢がないことで余計に悔しく怒りが込み上げること多々(笑)

日本だと24時間営業のカフェやファミレス、ネカフェもあって都会だと夜中でも割と安全に外で行動できるので「日本だったら家を出てやるのに!」と、海外で逃げ場がないことが余計に虚しくなります

Twitterでつぶやいたら、海外在住の方から共感のコメントをいくつもいただいたのできっとこれは海外生活あるあるなんでしょう(泣)

ちなみに、オーストラリアはカフェが大体3時、4時くらいには閉まるところが多くて、遅くまでやっているところと言えばスーパー、バーくらいです

今の家からは車がないと夜はどこにも行けないので喧嘩をした時は寝室に篭るくらいしかできません(笑)

解決策は正直なところまだ見つかっていませんが、もし運転できたら夜に空いているお店がなくても大丈夫なので、また違うだろうな〜と思います!

ちなみに私たちの場合は…↓

無理矢理でも一緒の空間にいると仲直りをしなければいけないのでこれはこれでいいのかもしれません(笑)

 

国際恋愛(同棲)/国際結婚で海外に住んで辛いこと②お一人様

お一人様できるお店が少なめ

オーストラリアでも1人でカフェに行くのは普通にあることですが、日本ほどおひとりさま文化が発展していない、と感じています。

例えば、日本だとラーメンでも映画でも結構1人で行けちゃう私でしたが、こっちのお店は1人で入っている人をほぼ見かけないのでお一人様と言う概念がないのかな〜と。

1人でいる人を見るのはカフェくらいですかね。

夫曰く、

1人で外食することはほぼ無いかも?
1人で食べるならテイクアウトする人が多いんじゃないかな〜

ということで、こればかりは「人による」と言ってしまえばそこまでですが

オーストラリアでのお一人様は日本よりハードルが高い気がします(笑)

お一人様ができなくてめちゃくちゃ辛い、とまではいきませんが、ふらっと1人でも入れる定食屋さんがたまに恋しくなっちゃいます

 

国際恋愛(同棲)/国際結婚で海外に住んで辛いこと③ビザ

何事もビザに左右されまくる

これは海外に滞在している多くの方が共感してくださるのでは?

と思っているのですが、私にとってビザ問題は本当に辛い問題です。。。

というのも、私の場合現在「ビジタービザ」と言う働けないビザで滞在しているのでこの1年全く働けずに過ごしてきました。

関連記事:オーストラリアの観光ビザe600でビザ延長!必要書類・申請方法〈完全版〉

そして、ビザの進み具合によりますが残念なことにあと1年くらいはこの状態が続きそうな気がしています…

2年もブランクか〜と少し暗い気持ちにならないかと言えば嘘になります。

ブランクと考えないように、勉強したり、趣味を増やしたり、自分なりに頑張ってはいますが…

やっぱり働けないっていう制限は嫌なもの。

選択肢があるって大事です

関連記事:【パートナービザ・フィアンセビザ2021年コロナ対応】オーストラリア人と結婚するためのビザ遍歴

オーストラリアのビザはぼったくり?!

しかも、オーストラリアはビザ代がバカ高い。

ぼったくりレベルです(笑)

ツイートの通り、これまでバカ高いビザ代を払っているにもかかわらず、1年半以上待っても全くビザの進展はありません。。。

そして働けない上に、お金だけが出ていくので愚痴りたくもなります。笑

おり

ちょっと話がずれちゃいますが…

これからオーストラリアのビザ問題にぶつかることが想定されるそこのあなた、しっかりと貯金しておきましょう!

これはリアルに大事なこと。

貯金があるだけで、働いていなくても何かあっても自分で生きていけると思えるのは大事だなと思います。

お金は国際恋愛&国際結婚において大事なポイントです。

貧乏でも愛があれば…と言っていられないのが国際結婚(笑)

関連記事:【国際結婚】お金がないと結婚できない?私たちのリアルなお金事情と節約法!

とはいえ、ビザに左右されてしまいますがPR(永住権)を取ればオーストラリアの行政から色々と手厚いサービスが受けられることは間違いなさそうなので頑張って我慢しています(笑)

 

辛い時もあるさ、オーストラリア生活

当たり前ですが、海外に来たからといってキラキラした生活をしているわけでもなく常に悩み事は絶えません(笑)

今回はシドニーで生活をしていて辛いな〜と思ったことをまとめてみましたが、私と同じような不安や辛さを感じたことはありますか…?

おり

もし似たような思いをされている方がいたら、同じような仲間(勝手に仲間にしてすみませんw)がいるから頑張ろう!と思ってもらえたら嬉しいです

もちろん、シドニーで生活していて楽しいこともたくさんあります。

新しい地域に行くと文化の違いが垣間見得て面白いし、シティも雄大な自然もあってやっぱり飽きが来ない!

私の場合、なんと言っても3年半遠距離をしていた夫と今は毎日一緒に過ごせて、新しい家族(夫の)が増えて、ネコもいて(詳しくはこちら)というのは本当に幸せなことです。

>>国際恋愛ブログ|外国人彼氏との出会い・遠距離・婚約と移住、私たちのこれまで

時に襲ってくる辛いこともありますが、乗り越えられるようお互い頑張りましょう〜!

Twitter(@orinote1)では日々のことを呟いているので是非お気軽にフォローしてください♪

では今回はこの辺で。

海外生活, 国際結婚, 辛い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる