ORi:note オーストラリア×日本の国際恋愛

現在絶賛国際遠距離恋愛中。海外にまつわることを自由気ままに書いています。

【国際恋愛】出会いのきっかけ4選!私がまだオーストラリアで学生だった頃の話

 

みなさんこんにちは。ORiです。

 

早速ですが、本題へ。

国際恋愛の始まり方って気になりませんか?

私はとっても気になっていました。

Kと付き合うまで「日本人王道イケメン」が私のタイプだった(笑)ので外国人と付き合いたい〜!と思ったことはなかったのですが、学生時代、かなり国際交流が盛んな学校に通っていたので周りには外国人と付き合っている友達が多くいました。

 

そこで、今回はせっかくなので私の話だけでなく友達から聞いた体験談も紹介しつつ書いていきたいと思います。

私の話は目次の最後「留学中に出会って」で書いているので、私の体験記だけを読みたいというちょっと変わった方がいれば是非目次を使って最後にジャンプしてください(笑)

 

⒈日本で出会って

Aちゃんの場合

大学のLanguage exchangeで出会ったケース。

Language exchangeってご存知ですか?

めちゃくちゃ簡単に言うと、日本語を学びたい人と英語(や他の言語)を学びたい日本人がお互いのネイティブランゲージを教え合う仕組みのことです。

当時は結構大学やオンライン上でも流行ってて、私も大学で留学生と言語の教えあいを数ヶ月間やっていました。今もありますよね?

Aちゃんの場合はそこから恋愛へ発展!

言葉を教えあって惹かれあって、とてもロマンチックですよね。

 

結局最終的には留学生が帰国してだんだんすれ違ってしまったようでしたが、彼氏さんにとっては日本の留学生活がとても濃いものになったんだろうな〜と想像できます。

 

これって、逆も然りなんです。

 私が海外に留学をした時に現地の学生に教えてもらって、私が日本語を教える、そんな制度が日本以上に海外の大学は整っている印象を受けました。

オーストラリアでは現地の学生同士でも、お互いに教えあえる言葉があることが多く(移民が多いので、かなりの確率で2ヶ国語以上を操るツワモノが集まっています)彼らもLanguage exchangeしていました!

 

留学に行く機会がある人も無い人も、日本でも出会える場所はたくさんあります。

バーやクラブで出会うって不安だな〜と思っている真面目なそこのあなた!是非Aちゃんの例を参考にしてみてください。

残念ながらAちゃんは別れてしまいましたが、他の友達で彼が帰るタイミングでその国に留学し結婚した友達もいます。本当に運命の人だったら、場所や国籍なんて関係ない!と私は信じています(笑)

 

⒉旅先で出会って

Bちゃんの場合

私の友達はかなりの確率で一人旅が好きです。類は友を呼ぶと言いますが、その通り(笑)

Bちゃんはニューヨークに旅行中、wi-fiがなく困って飛び込んだカフェで声をかけられたことから恋愛が始まったそうです。

Bちゃんの話は本当に映画のワンシーン!

カフェで旅行本を読みながらホッと一息ついていた時に、地元民だった彼が声をかけて来たそうです。

「よかったらこれから予定ないし、案内するよ?」という感じの話になり意気投合。

そのままお付き合いが始まり、Bちゃんは一旦日本に戻って来ましたが彼が追いかけて来日。現在は行き来しているみたいです。

 

ここで注意しなければいけないのはこの出会い方、危険も伴うということ!

Bちゃん彼が良い人だったから良かったものの、こんな風な出会いの場合は、ある程度警戒心が必要です。

普通に考えてもわかるように、特に女性一人旅で声をかけてくる人は下心があることが多く、見極めは難しいんです。

旅先での出会いの場合、絶対にいいなりで何処かについて行くのではなく、自分が行きたいところについて来てもらったり、人目の多いところだけ行くようにしたりと常に警戒しておきましょう。

また、はっきりとNoを言えないな、というタイプの人は旅先での出会いはNG。

 

ちょっと話が逸れましたが、海外旅行中の話はまた別の記事で書こうと思います。

 

⒊オンラインで出会って

これは最近日本人同士でもアプリで出会って付き合う人多いですよね。巷には様々なアプリが転がっていてどれを使えば良いのか分からないほど。

実は私もKと出会う前、アプリを通して知り合った人と短い期間でしたがおつきあいをしたことがあります。(日本人でしたが。)

最近だと、日本人と話したい外国人と日本人をつなぐアプリもありますし、Tinderも真剣なお付き合いには不向きかもしれませんが一旦出会ってみるという意味では有効なんじゃないかな、と思います。

Cちゃんの場合

失恋したばかりのCちゃんは気休めで誰かに会いたいな〜と思ってTinderをダウンロード。

別に遊びだし、と割り切って興味本位でマッチしたイギリス人(日本在住)と会ってみたそうです(結構最初の一歩が勇気いりますよね・・・!特に外国人だと。)

Cちゃんも彼もお互い軽い気持ちで、正直遊びの関係でも楽しければ良いや!と開き直っていたので何度かデートをしたそうなのですが、結局続かず。

でも友達としては良いかもね、という感じで別れた(正確には付き合ってもなかったようですが)そうです。

ところが!後日、彼が住んでいるシェアハウスのパーティに呼ばれて友達と行ったら、彼の友達に一目惚れ(笑)

オンラインの火遊びが、本当の出会いを作ってくれたというパターン。

中々このCちゃんパターンはないかもしれませんが、出会いって本当に十人十色で面白いな〜としみじみCちゃんの話を聞いて思ったものです(笑)

 

オンラインでの出会いは確かにちょっと不安要素がありますが、最低限のルールを守って(公共の場所で会う等)いれば楽しめますし、思わぬお土産がついてくるかも!

⒋留学中に出会って

大変お待たせいたしました。え、待ってないですって?

まあまあそう言わずに・・・

私のケースについて今日は概要をお伝えしますので興味がある方は最後まで読んでいってください(笑)

 

ORiの場合

私は大学の交換留学の制度を使って、約1年間オーストラリアの大学に通っていました。

出会ったのは大学。でも講義での出会いではありませんでした。

 

オーストラリアの大学では日本と同じようにサークル活動があります。

ただ、ちょっと面白いのがオーストラリアでは「Japanese society」や「Christian sosiety」など文化や宗教のサークルがとっても多いこと。

もちろんスポーツなどあったのですが、とりあえず私は日本に好意的な人とたちや日本にルーツのある人、そして日本語を勉強している学生に会えるということでJapanese societyに入りました。

どのSocietyでもそうなのですが、いろんなイベントを企画してくれていて私はイベントによく顔を出していました。

そんな中、私はあるイベントで初めてKの存在を知ります。

その時の印象は「こいつはヤバい・・・近づかないでおこう」でした(笑)

これは、誇張でもなんでもなく本音です。何をしていたのか、詳細はまたいつかの記事で書くかもしれないし、書かないかもしれません(笑)

 

Kはこの時私の存在は知らなかったのですが、そんな最悪な印象を持たれているとはつゆ知らず、キャンパス内で今度は私がイベントを運営する側として活動していました。

 

そのイベントにやってきて「Let me help you guys!」という強引なKに押されて、話し始めたのが私とKの出会いでした。

 

簡単にいうと、学内のイベントでの出会いですよね!ちなみに、イベントというのは様々で日本にちなんだお菓子を食べるイベント?だったり、ゲームをするイベント、など多岐にわたっていたので確かに出会いの場としては◎だったな〜と思い返しても感じます。

 

留学している方、これから留学する方は是非大学のSocietyに参加して友達の輪を広げ、素敵なご縁を見つけてみてくださいね!

 

では、今回はこの辺で。

ご質問やリクエストなどあれば是非コメントお願いいたします!

See you soon!

by ORi