ORi:note オーストラリア×日本の国際恋愛

現在絶賛国際遠距離恋愛中。海外にまつわることを自由気ままに書いています。

【国際恋愛】出会い オージーは恋に積極的⁉︎ Kの猛アピール2

 

みなさんこんにちは。ORiです。

 

この記事は前回の出会いについて書いた記事の続きになっています!

もしまだそちらをご覧いただけていない方は下の記事も是非checkしてみてくださいね。
  今回はKにしつこくディナーに誘われたので、仕方なく女友達数人を引き連れて(笑)行った話をして行こうと思います。

 

私は事前に

「友達連れてくからKもSocietyの友達とか連れてきてね」

と伝えていたので、てっきり男女数名のご飯になると思っていたのですが、Kからしたらそんな面倒なことはしたくなかったらしく、当日待ち合わせにはKだけがいました。

 

Kの車でディナーのレストランまで向かうと、すでに予約をしてあり私たち女子はちょっと浮かれながら普通に食事をしました。

その後で、

「じゃ、デザート食べよう!すぐ近くに面白いアイスクリームがあるんだ!」

と言ってターキッシュアイスクリームのお店に連れていってくれました。

ターキッシュアイスクリームって何ぞや!って方は下記のシドニーナビさんの記事に載ってましたのでご参照あれ。

伸びるアイス?ですね。

sydney.navi.com

ただ、私は既にお腹がいっぱいで、他の子達が喜んで食べている中、

「お腹いっぱいだからいいわ」

とつれない返事をして時間を過ごしました(笑)

自分でも可愛くないやつだったな〜と思います(笑)

 

この時の私のKに対する印象は、かなり好転していました。

と言うのもですね…

ディナーの時に

「トイレ行ってくるわ」

とか言って席を立った際にさらりとお会計を済ませていたんです!

ちょっと惚れませんか?笑

 

日本でそんな風に本当に華麗にお会計を済ませてもらった経験がない私だからかもしれませんが、本当に驚きでした。

ちなみに、後日談でKに問いただしたのですが女子3人とKでお会計は1万5千円くらいだったそうです。

そういえば、私は食べなかったけどみんなのアイスクリームもKが払っていました笑

 

初デートかつ、私と付き合える保証もなく(笑)そんな大金をよくさらりと出したな〜と。

これぞ猛アピール。

最終的にはマイナススタートだったKへの印象から、私を振り向かせるまで持っていったKの罠にすっぽりとハマってしまったといえますね(笑)

 

ちなみにディナーには続きがあって、夜景が見えるlook out(ビューポイント)があるから、と女子3人をハーバーブリッジとルーナパークのライトアップがとても綺麗に見える場所に連れていってくれて、しんみりとお話をしました。

 

ディナーと夜景、本当にベタなデートですよね。

友達二人からはめちゃくちゃアピールされてるね、と笑われました(笑)

 

夜景を見た後に、時間が遅くなっていたのでKが皆んなを各ホームステイ先や寮に送っていくよ、と行ってくれたのでお言葉に甘えて送ってもらうことにしました。

 

そこで・・・みなさんお気づきだと思いますが私は最後に送られました(笑)

Kにとっては「やっとの事で二人になれた〜!!」と言う感じだったみたいです。

そりゃそうですよね。

 

二人きりの時間は10分程度だったかと思うのですが、たわいもない話をして私のシェアハウスに到着しました。

 

普通に今日のお礼を伝えて、またね〜と行って家のドアに手をかけた時、

「好きです。付き合ってくれませんか」

と日本語で!告白されました。

最初、日本語を話していることがわからず(完璧には言えていなかったので余計に)混乱したのですが、付き合ってほしいと言うことを伝えたいことだけ理解できました(笑)

 

Kはアニメをずっと見ていたので、日本語が少しわかると言うのは知っていたのですがまさかの展開に笑ってしまって、とりあえず「今はそうゆうことを考えられない」とお断りをしました。

 

しかし、Kはそんなことでは引き下がりません(笑)

 

「じゃあ、デートだけでいいからまた遊ぼう!お願い!」

と言ったようなニュアンスのことを言われたので

「正直Kと話せば英語の勉強にもなるし、デートは楽しいし、マイナスなことは無いか」

と打算的な思考を巡らせてから

「それならいいよ」と答えました(笑)

 

それからと言うもの、色んなデートに連れていかれる毎日が始まりました。

 本当に色々な所に連れていかれて(言い方笑)エキサイティングな毎日だったので、Kのデート特集?記事も書いていきたいと思います。

 

今日は告白されたところまで書きましたが、まだ付き合ってはいなかったので付き合うまでのデートの数々となぜ付き合うことにしたのか、そんなことを此れから書いていきたいと思っています。

 

長い記事を最後まで読んでくださってありがとうございました。

ぜひコメントや質問があればお願いいたします。

⬆️ ディナーの後で連れていってくれた夜景の写真 

 

See you soon!

by  ORi