ORi:note オーストラリア×日本の国際恋愛

現在絶賛国際遠距離恋愛中。海外にまつわることを自由気ままに書いています。

【国際恋愛】国際遠距離でもお花見はできる!

f:id:orinote:20190331213139p:plain

今週のお題「桜」


みなさんこんにちは。ORiです。

 Twitterをフォローしてくださっている方はご存知かもしれませんが、私は今日遠距離恋愛中のオージー彼氏Kとお花見デートをしてきました!

 

遠距離恋愛だと色々と制約があるのは事実ですが、意外と楽しめることは沢山あります。

アプリやゲームなどもその一つですが、今回は今週のお題「桜」ということで、「遠距離恋愛でもお花見できる!」と題しまして、本日のデートについてシェアさせていただこうと思います。

 

 

持ち物

  • iPhoneなどビデオシャットができるもの
  • 長時間使える容量のモバイルデータ通信  or  wi-fi
  • マイク付きのイヤフォン( Bluetoothだと便利)
  • たまにある周囲の人からの冷たい視線に耐える強い心

持ち物はこんな感じです。至ってシンプル。

デートといってもどこでもドアがあるわけでは無いので、ビデオチャットやFaceTimeを使いながらのデートになります。

必要なものは携帯やタブレットとちゃんと会話ができるようにマイク内臓のイヤフォンやヘッドフォンのみ。

 

心から楽しむために意外と重要なのは最後に書いた、強い心です(笑)

ここ1、2年で Bluetoothが一気に広まって一人で話していてもそこまで変な目で見られませんが、英語で話しているとたまに周囲の人からの冷たい視線を感じることがあります(笑)

そんな視線を完全に無視して堂々とデートを楽しむぞ!という気持ちが重要ポイント!

(もちろん周りの迷惑になっていないかは確認しましょう!)

 

いざデートへ!

今日のプランはシンプルに、目黒川の桜を見て、桜祭りで屋台のご飯を食べること!

目黒駅で電車を降りて、川沿いの綺麗な桜を見て話しながらゆったりと散歩をしました。


f:id:orinote:20190331203331j:image

f:id:orinote:20190331203418j:image

 

中目黒駅方面に歩いていると、駅の近くで屋台やステージがあったのでお昼ご飯はこちらでたこ焼きを。 

f:id:orinote:20190331204427j:image

ちなみに、Kもシドニーのシティーにいたので日本料理屋でたこ焼きをテイクアウトして、二人でさも同じ空間にいるかのようにたこ焼きを頬張りました(笑)

バーチャルデートは二人が協力することが大事!同じものを食べる、同じような場所に行く、等できることはたくさんあります。

f:id:orinote:20190331203449j:image

 

私はたこ焼きで十分だったのですが、屋台にお団子があり、興味津々なKが「お願い買って!食べて!」というので可愛らしい三色団子をいただきました。

f:id:orinote:20190331203538j:image

久しぶりに食べるお団子は桜を見た後というのもあって中々風情があって、良かったです。

 

本当は、屋台でのご飯を終えてカフェにでも入ってゆったりしたかったのですが、何軒かカフェをまわっても行列もしくは満席。 

仕方なく、そのまま家に帰って家でお茶をしました(笑)

 

ふと周りをみるとカップルや家族連れの方々がとても楽しそうにしている様子がキラキラしていて、ちょっと寂しくなったりもしましたが、家を出てから帰るまでの4、5時間ずっとKと話しながらバーチャルデートができたので大満足!

最後に…

ある程度長く国際遠距離恋愛をしているとデートも何をすればよいのやら、マンネリ化してくることが多いと思います。

 

特にいつも連絡を取り合っていると、改めてデートを企画しよう!とならないですよね…?(私の場合はそうでした)

ちょっとマンネリ化してきたな〜って時に、バーチャルデートを計画して、ちゃんと二人の時間を合わせて外に一緒に出たり、お互いの思い出の場所に行ってお話ししたりすると、いつもとちょっと違う二人の時間を過ごすことができるのでとってもオススメです!

日本だと季節ごとにお祭りや綺麗な景色が見れたり、話題性溢れる行事があるので是非利用して楽しい遠距離恋愛の時間を過ごしていきたいですね!

 

遠距離恋愛をしていると悲しくなったり寂しくて泣きたくなったり、そんな時もありますが、まだまだバーチャルデート以外にも沢山の楽しむ方法があると思っているので、是非みなさんのアイデアも教えていただけたら嬉しいです!

今回は完全なる私の日記でしたが、最後まで読んでくださってありがとうございます!

 

では今回はこの辺で。

See you soon!

by ORi