クレイジーオージー彼氏とおりの国際恋愛キロク

現在絶賛国際遠距離恋愛中。海外にまつわることを自由気ままに書いています。

【国際恋愛】甘々ペットネーム ・愛称のお話

f:id:orinote:20190406233446p:plain


みなさんこんにちは。ORiです。

お題「恋バナ」

 先週からちょっと間が空いてしまいましたがまた読みにきてくださった方、初めてきてくださった方ありがとうございます!

今回はベタではありますが国際恋愛ならではの「ペットネーム」について、私たちのケースをお話ししたいと思います。

 

ペットネーム って?

国際恋愛をしている人みんながみんな、と言うわけではないと思うのですが、ペットネームと呼ばれる愛称でお互いを呼び合うことが多いかと思います。

ペットネーム とは…そうです!

ドラマや映画でよく聞くBabe (baby)・Sweetie・Honeyなんて言う甘〜い呼び名のことです。

 

Kと付き合うまで(Kとの出会いはこちらへ)外国人と付き合ったことがなかった私は実際にそんな風に呼ばれる日が来るなんて夢にも思っていませんでした!

ですが、今ではへんてこりんなペットネームも増えてバラエティー豊富な呼び方で呼ばれています(笑)

 

色んな呼ばれ方があるのですが、時が経つにつれて進化しているので(笑)今回は時系列でどんな呼ばれ方をしていたか振り返ってみたいと思います。 

 

付き合う前

下の過去の記事で書いたのですが、私は付き合う前に数週間デートだけをしていた期間がありました。

この時は、常にファーストネームで呼ばれていました。

私もKのファーストネームで。

そもそも、オーストラリアでは友達はニックネームがない限りはファーストネームで呼ぶのが普通なので、特別な呼ばれ方をしていたわけではなかったです。

日本でいう〇〇ちゃん〇〇くん、というくらいの距離感かと思います。

 

むしろ、この段階でbabyなんて呼ばれてたら私の方は好きな気持ちもまだ低めだったので間違いなくドン引きしていたと思います(笑) 

 

付き合い始めた頃

では、付き合い始めた頃はどうだったかというと…最初の数週間は恐らくそのままでした。

だた、ある日突然KがBabe(ベイブ)と呼んできました!

ちょっと遠くにいた私を呼んだ時だった気がします。

私の心の中はと言うと

ついにきた…無理、恥ずかしい、むずがゆい

 

最初は本当に慣れなくて、いちいち心がざわついていたのですが(笑)Kは御構い無しにBaby・Babe・Angelなど…どんどん使ってくるので慣れました。

 

私はと言うと、1ヶ月くらいはKのファーストネームで貫いていたと思います。

最初にKをBabyと呼んだ時は恥ずかし!!と思いましたが一度口に出すと意外と慣れるもので、今では基本ペットネーム でたまに名前を呼ぶ感じです。

 

今では…

最近はものすごいバリエーションが増えていて、もはや意味がわからないレベル(笑)

ちょっと羅列してみますね。

Honey ・Cutie ・Baby ・Angel ・My love

Beautiful・Gorgeous・Sweetie

Cupcake・Pudding・Pumpkin

Sugar-plumb・Honey-bun・Apple-pie

My princes ・Snow flake

Honey-bear・Little friend・Bubu

My one and only =これお気に入りです。とってもロマンチックじゃないですか?

 

羅列して気づきましたが甘い食べ物だったら良い?みたいなところがありますね(笑)

上の単語を組み合わせたり、日本語の単語で呼ばれたり、色々ありますが個人的にはペットネーム は2人にしか分からない秘密の呼び方という感じがして好きです。

 

特に朝起きてすぐの電話で上のような甘い呼び方で呼ばれたらテンションが上がります(笑)

ここ最近「外国人と付き合ってる女性はブス」みたいな論争がありましたが、

むしろ素敵な外国人と付き合っていると沢山褒められるので自信にもなり内側からも綺麗になるのではないかな〜と思います。

私は綺麗よ!と言うことではなくて、ただ幸せな人が羨ましくてひがんでいるようにしか聞こえないんです(笑)火に油を注いでしまったらすみません(笑)

 

話を戻しまして…国によって、また年齢によっても呼び方が違ったりするようなので面白いですよね。

以前もちらっと書いたのですが(ここからどうぞ!)、Kも移民としてオーストラリアに来た家族なのでKの文化の呼び方もあって、それもとっても素敵なのでまたの機会に紹介できればと思います!

 

皆さんはどんな呼ばれ方が好きですか?

是非コメントで教えてください !

 

では今回はこの辺で!

See you soon!

by ORi