ここをクリックしてTwitterもフォローしてね!

【日本文化?】容姿について口出ししがちなアジア文化に物申す

みなさんこんにちは、おり(@orinote1)です。

今回は、容姿に関するコメントについて「それ本当に言って大丈夫?」というお話です。

おりのアイコン画像おり

ドーンと衝撃的な題名ですがもしよかったら最後まで読んでください!

何かと日本では外見・容姿について相手に指摘するということが、まるで息をするように自然に、頻繁に行われているような気がします(笑)

この日本の容姿へのコメントについて思うことを書いてみました。

目次

容姿について思うこと

ちーやさん(ちーや🇦🇺メルボルン (@ChiyaMelbourne) | Twitter)がツイートしていた容姿ジャッジについて、ふと考えたら本当に容姿に対する考え方が外国と日本って違うな〜と思ったのでより詳しく思うことについて書いていこうと思います。

日本の容姿に対する発言

日本(アジアに多いかも)ってすごく他人の容姿・外見に対してズケズケ物を言う文化?がありますよね。

代表的なことでいえば・・・

  • 細いね
  • 太った?
  • 最近焼けた?
  • 地黒だよね
  • 目大きいね
  • 鼻が高いね

正直言い出したらきりがないくらい外見に対するコメントって当たり前になされています。

小さい頃から私は地黒だったので、余計に「肌黒いね」「また焼けた?」と挨拶がわりのように言われることが多くとても嫌な思いをしていました。

関連記事:色白・地黒?指摘はもううんざり!私たちは「みんな違ってみんないい」

と言っても、言っている人たちに悪気がないのが困ったところ。

言われる側もあまりにも当たり前に言われるので麻痺している状態になっているケースも多いと思います。

コンプレックスかもしれない

こう言った容姿に関するコメントですが、日本の感覚で特に欧米諸国でやると失礼な人、常識のない人、と思われる可能性が高いです。

なんでかというと、それはみんな違う、それが当たり前だから。

日本人はみんな一緒が正義という教育を受けすぎて、ちょっと異なることがあるとそれに対してコメントしますが、欧米諸国は移民も多いので違うことがあたり前、肌の色が・・・とか言ってたら差別として捉えられることも十分あり得ます

容姿に対するコメントは関してはポジティブな意味でも基本的には避けた方がいいでしょう。

日本人は肌が白いことを褒め言葉にしたり、鼻が高いことを褒めたりしますが、それを言うのはかなり危険(特に外国人に対して言う場合)です。

なぜかというと、その容姿にたいして本人はコンプレックスだと思っているかもしれないからです。

実際、日本人からしたら鼻筋が通ってて綺麗だな〜と思っても、鼻が高いことをコンプレックスに思っているヨーロッパや中東の人は普通にいます。

容姿を褒めたらだめ?

 のアイコン画像 

じゃあ相手の素敵なところを褒めたらいけないの?
もう何も言わないでおくべき?

こんな風に思われた方、決してそうゆうわけではありません!笑

褒めるときに、その容姿だけを言うのではなくて、自分がどう感じたかをもう少し具体的につけ足すとグッと素敵な褒め言葉になりますよ!

・〇〇素敵だね!
・〇〇私は好きだな!
・とても〇〇が似合うね!

例えば、「あなたの目、素敵な色だね、私好きだわ〜」っていうのは誰が聞いても悪い気はしないですよね。

「目、すごくブルーだね」と言われるより「綺麗な色!わたし好きだな!」と自分の感情を伝えると言われた相手もコンプレックスだと思っていたとしても、それでも好きって言ってくれているんだな、とわかります!

外見について褒めるな、と言うのはおかしな話。
でも日本で挨拶がわりのように言う、「痩せた?」「太った?」「焼けた?」と言う外見へのコメントはよくないですよね。

おりのアイコン画像おり

言った方は悪気が全くないのはわかります。
でも現に、わたしも色々言われて、幼い頃はいちいち傷ついていました。

他人の容姿に対してコメントする時は、よっぽど近い関係じゃない限り基本は褒めるときだけ!
そして、日本人か外国人か関係なく上のような、自分の感情を素直に伝える素敵な褒め言葉におきかえてみましょう!

容姿に口出すのはアジアの文化?

日本人 容姿 コメント ジャッジ 言い過ぎ 厳しい 日本 アジア 容姿にうるさい

私はこれまで東アジア、東南アジア、南アジアの国々に行ったことがあったり、友達がいたりしますが、アジアの人たちは外見に対して悪気なく突っ込んでくる印象があります(笑)

むしろ清々しいくらい、普通に気になったことを聞いてくる子もいました。

日本もまあ色々言いますが、お隣の国、韓国は外見にとても厳しいですよね。
就活のために整形なんて話も当たり前に聞きますし・・・。

なので、この外見についてとやかくいうのは一種のアジアのカルチャーなのかな〜とも思えてきました(笑)

ただ、私は人の容姿について言ってくる人について・・・

  • 「〇〇直した方がいいんじゃない?」
  • 「ちょっと太り気味じゃない?」
  • 「痩せすぎじゃない?もっと食べなよ」

正直うるさいーーーーーー!!!!って思うんです(笑)

何か満たされていないのか?
自分にとっても自信があるのか?
他人の容姿にそんなにコメントしたいのか?

理解できませんが、言われなくてもわかってるから余計なお世話ですよ、と言いたくなっちゃいます。(気が強い女です笑)

自分で自分のことはわかってるので、無駄にストレスをかけるようなこの文化は私たちの代で終わりにしたいと思うばかりです。

おりのアイコン画像おり

ちなみに、欧米は素晴らしい!と思っているわけではないのですが、よりセンシティブに捉える人が多い印象です。

ちなみに、わたしは欧米至上主義では全くないです・・・。
いろんな文化のいいとこ取りをして、より良い社会になればな〜と思っています。

メディアの影響

この悪い文化?はメディアの影響が大きいと個人的には睨んでいます(だれ)

日本のお笑いやバラエティー番組は容姿を笑いにする風習がありますよね。

あまりにも当たり前に男性が女性に向かってデブとかブスとか(逆もしかり)言っていますよね。

面白くもなんともないですが、それが笑いになっている・・・。

本当にあり得ない事をしているのにそれが日本のスタンダードになってしまっている気がします。

子供の頃からテレビを見て育ったら、何が良くて何が悪いのか、判断できないのは個人の責任ではないかもしれません。

私には日本のメディアのあり方を変えることはできないので、こうやってブログでギャーギャー騒ぐしかできないのですが少しでも変わっていってほしいと願うばかりです。

外国人と付き合っていたら

そして前回の記事とも少し関係するのですが、外国人と付き合っていると相手の外見のことを言われる確率がグッとあがる気がします。

相手のみならず「外国人と付き合う女はブス」みたいなツイートとかも多くみられて悲しくなったこともあります。
別にブスだろうが、なんだろうが関係ないんですけどね!

ちなみに、わたしの尊敬するシドニー在住ブロガーのふくちゃんがnoteでこんなことを最近かいてらっしゃったのでシェア!
とっても勇気づけられる素敵な記事です!

大先輩ふくちゃんのブログはこちら:https://www.muffintop-days.com/

最後に

今回この記事を書きながら、日本で生活しているとあまりにも容姿や服装についてとやかく言われるので、慣れていましたが、実は留学など長期的に海外に行って日本に戻ってきたときは容姿のコメントにちょっとカルチャーショックを受けていたのを思い出しました。

言われて嫌だなと思うことは、他人には言わない、当たり前のことですが自分も気をつけていきたいと思います。

そして、もし容姿に対してズケズケコメントしている人を見かけたら、「え〜私はそれいいと思うけどな〜」とさらっと擁護しましょう!

だんだん取り留めのない話になってきてしまいましたが、色々思うことがあったので記事にしてみました。

>他人の容姿に対してコメントする時は、よっぽど近い関係じゃない限り基本は褒めるときだけ!
>褒める時は自分の感情を素直に伝える表現にしてより素敵な褒め言葉へ
>無駄にストレスをかけるような容姿指摘の文化は私たちの代で終わりにしよう!

最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございます。
もしよろしければツイッターやその他SNSでのシェア、よろしくお願いします!

\Twitterでシェアする/

では今回はこの辺で。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる